トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

宇野、逆転V 四大陸フィギュア、主要大会初の金

フィギュアスケートの四大陸選手権で逆転優勝し、金メダルを手に笑顔の宇野昌磨=9日、米アナハイム(共同)

写真

 【アナハイム=共同】フィギュアスケート男子で二〇一八年平昌(ピョンチャン)冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が九日、当地で行われた四大陸選手権で合計289・12点をマークして逆転優勝した。七日のショートプログラム(SP)で四位と出遅れたが、フリーで二種類計三度の4回転ジャンプを成功、ルール改正後の世界最高となる197・36点を出して一位となった。

 宇野は五輪や世界選手権、グランプリ(GP)ファイナルを含めたシニアの主要国際大会で初の金メダル。前日には女子で紀平梨花(16)=関大KFSC=が初優勝し、日本勢の男女同時優勝は二〇一四年の男子の無良崇人、女子の村上佳菜子以来五年ぶり。

◆「できる」言い聞かせ

 <宇野昌磨の話> 自分はできるんだと言い聞かせて何も考えずに滑った。フリーが終わった直後は、うれしいという気持ちはなくて、何とかやり切ったという気持ちだった。諦めないことが大事だと思った。 (共同)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索