トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

仏、JOC竹田会長を捜査 東京五輪招致で贈賄の疑い

竹田恒和JOC会長

写真

 【パリ=竹田佳彦】フランス紙ルモンド電子版は十一日、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの招致に絡む贈収賄疑惑で、フランス捜査当局が、招致委員会の理事長だった竹田恒和(つねかず)・日本オリンピック委員会(JOC)会長(71)を昨年十二月十日に贈賄の疑いで聴取し、起訴に向けた本格捜査を開始した、と報じた。捜査当局の報道官は本紙の取材に捜査開始を認めた。 

 ルモンドによると、JOCは国際オリンピック委員会(IOC)委員だったセネガル出身のラミン・ディアク国際陸上競技連盟会長(当時)にアフリカ選出委員の支持を取りまとめてもらおうと計画。一三年七月と十月の二度にわたり、シンガポールのコンサルタント会社ブラックタイディングス社(イアン・タン代表)に計百八十万ユーロ(約二億二千万円)を振り込み、一部がディアク氏の息子に渡ったとされる。仏捜査当局は、竹田氏がJOC責任者として、賄賂の支出を認めた疑いがあるとみている。

 仏捜査当局は一七年二月、日本側の協力を受けて東京で竹田氏の聴取も実施した。

 仏当局がこれまで、五輪招致での贈収賄事件を巡り、ブ社の金銭の流れを調べてきたところ、JOCの二件の振り込みを把握。東京開催が決まった一三年九月の前後にあたり、不自然な入金として捜査を開始したとみられる。

◆「不正は何もない」竹田会長コメント

 竹田恒和JOC会長は十一日、JOCを通じてコメントを発表し、仏当局から五輪招致を巡る疑惑捜査で「担当判事のヒアリングをパリで受けた」と認めた。その上で「ブラックタイディングス社のコンサルタント契約に基づき、正当な対価を支払ったものであり、贈賄にあたるような不正は何も行っていないことを私は説明した」と主張した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索