トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

生まれ変わってもGKに グランパス・楢崎さん引退会見

現役引退の記者会見をする名古屋グランパスの楢崎正剛さん=11日、名古屋市西区のトヨタ産業技術記念館で(太田朗子撮影)

写真

 サッカーの一九九八年ワールドカップ(W杯)フランス大会から四大会連続で日本代表メンバーに選出され、八日に現役引退を表明したJリーグ一部(J1)名古屋グランパスのGK楢崎正剛(せいごう)さん(42)が十一日、名古屋市内で引退記者会見に臨み、「ファンやサポーターの方に感謝の気持ちを伝えたいと思って会見を開いた」と心境を話した。

 J1歴代最多六百三十一試合出場の記録を持つが、J1現役最年長で迎えた昨季は公式戦の出場がなく、名古屋がJ2にいた17年9月の金沢戦が現役最後の試合となった。会見では「もう一度生まれ変わってもGKとしてプレーしたい。今後はサッカー界の発展に尽くす」と話した。

 楢崎さんは奈良育英高から九五年に横浜フリューゲルスに入団。九九年に加わった名古屋には二十シーズン在籍し、二〇一〇年のJ1初優勝に主将として貢献した。日本代表では国際Aマッチに七十七試合出場。〇二年W杯日韓大会では正GKを務めた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索