トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

東京五輪、水素で走る自動運転バス トヨタ

東京五輪に合わせて、トヨタ自動車と日野自動車が自動運転を披露する燃料電池(FC)バス「SORA(ソラ)」

写真

 トヨタ自動車と子会社の日野自動車は、二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックの期間中に羽田空港周辺で、水素で走る燃料電池(FC)バスの自動運転を披露する。各国の要人らに試乗してもらうことで、大会の最高位スポンサーを務めるトヨタが推進する水素社会に向けた取り組みと、自動運転の技術力を世界に発信する。

 車両は両社が手掛けるFCバス「SORA(ソラ)」を自動運転仕様に改造する。一般の車両が通行する公道を含めた羽田周辺のコースでデモ走行し、希望する大会関係者や市民に幅広く乗ってもらう。試乗会では緊急時の対応のため、運転席に監視役を置くとみられるが、自動運転の技術は限定的なエリアでシステムがすべて操作し、人が関与しない「レベル4」を想定。将来の実用化も視野に入れている。

 走行時に二酸化炭素(CO2)を一切、排出しないソラはすでに東京都などが導入し、五輪がある二〇年までに百台以上の普及を目指している。水素タンク十本を積み、満タンなら二百キロ以上走れる航続距離の長さが特長で、大会で活用することも決まっている。

 一方、ソラの自動運転はカメラやセンサー、レーダー、磁気マーカーシステムなど最先端の技術を組み合わせる。自動運転分野の開発・研究を行うベンチャー企業の先進モビリティ(東京)の協力も受ける。

写真

 自動運転の領域では、米ITグーグルなど異業種を巻き込んだ開発競争が激しい。トヨタは市販車のレベル4は二〇年代前半の実用化を目指しているが、五輪で一足先に技術を披露する。都市部の渋滞緩和や過疎地の移動手段の確保など、交通課題の解消策としても自動運転バスの有用性をアピールする。

◆次世代エネルギーをアピール

 トヨタ自動車は二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックを、水素社会をアピールする絶好の機会と位置付けている。燃料電池車(FCV)は電気自動車(EV)と比べて普及が遅いが、米カリフォルニア州や中国などは環境面やエネルギーバランスの観点からトヨタのFC技術に関心を寄せており、大会を通じてアピールする。

 国際オリンピック委員会(IOC)などとスポンサー契約を結ぶトヨタは大会中、FCバスやFCV「ミライ」、豊田自動織機が手掛けるFCフォークリフトを提供し、環境負荷の少ない移動や物流の仕組みを国内外に示す。

 さらに「環境五輪」の象徴として、大会の聖火台や聖火リレーのトーチを水素で点火する方式を採用してもらうことを目指しており、社内の駅伝大会などで実証実験に取り組んでいる。

 トヨタが水素を前面に押し出す背景には、各国に普及促進への理解を広げたい事情がある。FCVは走行時に水しか出さず、「究極のエコカー」と評価される一方で、普及台数が少ない現状では車両の価格が高く、水素ステーション運営の採算もとりにくい。

 普及の拡大には、エネルギー自給率が低く国策で水素を推進する日本のように、車両購入やステーション整備に補助金を支給するなど、各国政府の後押しが欠かせない。将来のEVへの一極集中は電力不足を招くと指摘されており、トヨタ幹部は「水素の時代は必ず来る。五輪で加速させたい」と話している。

 (鈴木龍司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索