トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

山体崩壊、島半分消える インドネシア津波・衛星画像

衛星「だいち2号」が噴火前後に観測した画像=国土地理院提供

写真
写真

 二十二日夜のインドネシアでの津波を巡り、国土地理院は二十五日、噴火した火山島アナック・クラカタウの半分近くが海に崩れ落ちて消失した「山体崩壊」を捉えた衛星画像を公表した。山体崩壊による津波だったことを裏付ける形だ。こうした津波は日本でも危険がある。

 画像は衛星「だいち2号」が撮影。噴火前の八月にはあった南西部の火口(直径約二百メートル)が、今月二十四日の画像では消失した。小林知勝主任研究官は「山の半分近くがなくなった」と驚く。小山真人静岡大教授(火山学)は「山体崩壊で間違いないだろう」と話す。

インドネシア・スンダ海峡で噴煙を上げる火山=23日(スシ・エアー提供、共同)

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索