トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

入管法、今夜成立 参院、法務委員長解任案は否決

 自民、公明の与党は、外国人の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を七日の参院本会議で可決、成立させる方針だ。立憲民主党など野党側の抵抗で、成立は夜になる見通し。野党が提出した横山信一法務委員長(公明党)に対する解任決議案は午前の本会議で、与党などの反対多数で否決された。

 与党側は解任決議案の否決を受け、参院法務委を再開し、採決を強行する構えだ。続く本会議で成立を図る。

 野党六党派の国対委員長らは国会内で会談し、結束して行動することを確認した。山下貴司法相に対する問責決議案の提出などを検討している。

 政府は、改正案で新たに設ける在留資格の「特定技能」で働く外国人のうち、半数以上が技能実習生から移行すると見込む。野党側は技能実習生の劣悪な労働環境が改善されない限り、新たな制度の施行は認められないと主張している。

 一方、漁業への企業参入を拡大する漁業法改正案の参院審議を巡り、野党が提出した堂故茂農林水産委員長(自民党)の解任決議案も七日の本会議で、自公両党などの反対多数で否決された。与党は漁業法改正案も同日に成立させる方針だ。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索