トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

明治のブランド米「竹成」復活へ期待コメ 三重・菰野で新品種開発

収穫される新しい「竹成」=三重県菰野町で

写真

 明治時代初めに三重県菰野町から栽培が広がった特産の米「竹成(たけなり)」を地域おこしに生かそうと、三重県と菰野町が、竹成を改良した新品種の開発プロジェクトを進めている。十月には新しい「竹成」を初めて菰野で収穫した。地元の農家らは「竹成」ブランドの復活と地域活性化に期待し、来年以降の品種登録を目指している。

 菰野町の古代稲研究者や町がまとめた資料などによると、竹成は一八七四(明治七)年に菰野町の篤農家松岡直右衛門が、一つの穂に通常の倍以上多い三百粒の米が詰まった突然変異の「変株」を発見。松岡の地元竹成(現在の菰野町竹成)にちなんで新品種として命名された。

 竹成は当時のほかの品種に比べると収穫量が多く、倒れるほど穂が実れば一反当たり十俵の収穫ができるとして「倒十(こけじゅう)」とも呼ばれた。食糧不足の時代のニーズに合致し、関東や関西にも拡大。二十世紀初めに最盛期を迎えた。だが食感がパサパサして味気がなかったこともあり、収穫量が多くて竹成よりうまみがある新品種が多数開発されると栽培されなくなり、昭和四十年代に途絶えた。

写真

 菰野町では幕末に開発され、風雨や病気に強かったものの、収穫量が少ないため衰退した「関取米」を復活させ、販売した経験があった。「竹成を町の資源に」「菰野の地名を冠した米も復活を」。農家らの希望や提案をきっかけに、県と町は二〇一一年に共同研究に関する協定を結んだ。

 県が保管していた種子を利用し、同県松阪市の県農業研究所で、竹成と他の品種を交配させる取り組みを開始。県、町に地元農家を中心とする「こもの米推進協議会」を加えた三者は、味や栽培のしやすさなどを検討し、さまざまな米と掛け合わせて最適な組み合わせを探ってきた。

 味の良さや育てやすさから、掛け合わせる米に愛知県発祥の「みねはるか」を選定。農業研究所の実験場で育てた後、四月には菰野町でも栽培を始め、十月に初の収穫にこぎつけた。

 竹成は、おいしくなかったのが欠点だったが、新しい竹成は、ふっくらとしていて甘みがあるという。新品種として継続的に収穫できるようにするため、現在は新しい竹成同士でさらに交配を進めている。新品種として認められるには国の認定が必要で、県と町は来年以降に申請する方針。

 協議会メンバーで関取米を用いた日本酒を販売している伊藤為文さん(71)は「復活すれば、米としての販売はもちろん、菓子などに使い六次産業化が可能」と思い描く。竹成地区で菓子屋を営み、観光ガイドもしている岩花和正さん(63)も「地域の新たな特色となれば」と願っている。

 (西川拓)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索