トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

経済波及効果2兆円を想定 25年大阪万博決定

写真

 【パリ=共同】二〇二五年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)総会がパリで開かれ、二十三日午後(日本時間二十四日未明)、加盟国による無記名投票で大阪市を候補地とする日本が選ばれた。一回目の投票で最下位のアゼルバイジャンが落選、日本は一位で決選投票に進んでロシアを破った。大阪開催は一九七〇年以来で五十五年ぶり二回目。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに健康、医療に関する技術貢献を目指す。

 決定後、松井一郎大阪府知事は総会の会場内で記者会見し「大阪、関西の状況を好転させることが、日本への貢献につながる」と述べ、政府、経済界、地元自治体による組織構築を急ぐ考えを示した。

 新組織のトップには経団連の中西宏明会長が就任する方向で調整が進む見通し。世耕弘成経済産業相は「二〇年東京五輪・パラリンピックの後、大きな目標が日本にできた」と喜んだ。

 一回目の投票は、日本が八十五票、ロシアが四十八票、アゼルバイジャンが二十三票を獲得。三分の二以上を得票した国がなかったため、上位二カ国による決選投票が実施された。この結果、日本は九十二票で六十一票のロシアを下した。

 万博は大阪湾に浮かぶ人工島・夢洲(ゆめしま)内の百五十五ヘクタールを会場に、二五年五月三日〜十一月三日の百八十五日間開催。二千八百万人の来場を想定、二兆円の経済波及効果を見込む。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索