トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

世界の災害損失329兆円 温暖化で異常気象頻発

 【ジュネーブ=共同】国連国際防災戦略(UNISDR)は十日、一九九八年から二〇一七年の二十年間に世界で洪水や地震などの自然災害により生じた経済損失額は二兆九千八十億ドル(約三百二十九兆円)に上るとする報告書を発表した。一九七八〜九七年に比べると約二・二倍で「地球温暖化により異常気象は頻発、激しさを増している」とし、大規模災害が一層増える恐れがあると警告した。

 国別の損失額では二〇〇五年と一七年に大型ハリケーンに見舞われた米国が九千四百四十八億ドルで最も多く、中国が一九九八年の大水害や二〇〇八年の四川大地震などで四千九百二十二億ドルと続いた。一一年に東日本大震災に遭った日本は三千七百六十三億ドルで三番目に多かった。次いでインドが七百九十五億ドル。

 報告書によると、一九九八年から二〇一七年に記録された主な災害は七千二百五十五件で、洪水が43%、暴風が28%と気象に起因する災害が全体の91%を占めた。災害による死者は約百三十万人で、津波を含む地震が約七十五万人と一番多く、全体の56%を占めた。次いで暴風の約二十三万人。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索