トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

安倍氏、総裁連続3選 自民 石破氏善戦254票

自民党総裁選で連続3選が決まりあいさつする安倍晋三首相=20日午後2時9分、東京・永田町の党本部で(隈崎稔樹撮影)

写真
写真

 自民党総裁選は二十日午後、党本部で投開票が行われ、安倍晋三首相(63)=総裁=が石破茂元幹事長(61)を破り、連続三選を果たした。首相が国会議員票と地方票を合わせ五百五十三票、石破氏が二百五十四票だった。任期は二〇二一年九月までの三年間。憲法九条に自衛隊の根拠規定を明記する改憲を任期中に目指す。大規模金融緩和を中心とした経済政策「アベノミクス」を当面継続し、社会保障改革にも取り組む。

 総裁選は安倍氏の任期満了に伴い実施。一人一票の国会議員票(四百五票)は安倍氏が三百二十九票、石破氏が七十三票、無効が三だった。党員・党友による地方票(四百五票に換算)は、安倍氏二百二十四票、石破氏が百八十一票と善戦した。国会議員が二十日午後に党本部で投票し、十九日締め切りの地方票と合わせ開票結果が発表された。

 安倍首相は十月初めに内閣改造・党役員人事を行う方針で、政権の骨格は維持するとみられる。首相の通算在職日数は一九年十一月に歴代トップの桂太郎に並び、最長政権をうかがう。

 安倍氏は、投票直前に東京都内のホテルで開かれた陣営の出陣式で「皆さんと新しい国造りを進めていく決意だ」と強調した。石破氏は党本部での会合で「日本国のために意義ある戦いができた」と語った。

 安倍氏は出身派閥の細田派など党内五派閥の支持を受けた。石破氏は自身が率いる石破派と竹下派参院側の大部分に支援された。小泉進次郎筆頭副幹事長は投票に先立ち、石破氏支持を記者団に明らかにした。

 論戦では、安倍氏は有効求人倍率が全都道府県で一倍を超えたなどとアベノミクスの成果を強調。党改憲案を秋の臨時国会に提出する目標を掲げた。石破氏は森友、加計問題を受け「首相官邸の信頼回復」を訴え、アベノミクス修正も主張。改憲は九条改憲を優先しない考えを示していた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索