トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

定家が宮仕えにため息 碧南の美術館で日記の一部発見

愛知県碧南市で見つかった明月記の断簡=碧南市藤井達吉現代美術館提供

写真

 小倉百人一首の撰者(せんじゃ)として知られる歌人藤原定家(一一六二〜一二四一年)がつづった日記「明月記」の原本の一部が愛知県碧南市で見つかった。これまで確認されていなかった記述があり、平安末期から鎌倉時代にかけて活躍した歴史的な歌人の横顔がうかがえる。

 明月記は定家が十八歳から七十四歳までの日記で、宮廷の社会や文化、所感を記した。冷泉家時雨亭文庫(京都市)が原本の大部分を所蔵し、二〇〇〇年に国宝に指定された。原本から離された断簡(断片)が各地に伝わり、山形、島根各県では県指定文化財となっている。

 見つかった断簡は、一四年に碧南市藤井達吉現代美術館に寄贈された「石川三碧(さんぺき)コレクション」に含まれていた。同市浜寺町でみりん醸造「九重味淋(みりん)」を営む石川家の二十五代、三碧(一八四四〜一九二三年)が収集した掛け軸や屏風(びょうぶ)など約百点の総称で、寄贈前は江戸時代に建てられた蔵で保管されていた。

 コレクションには真贋(しんがん)が曖昧な作品が複数存在する。断簡は明月記の一部とされてきたが、写しの可能性もあるため、同館が東京大史料編纂(へんさん)所の藤原重雄准教授(日本中世史)に調査を依頼。藤原准教授が同時期の原本と比較し、使われている和紙や筆跡から同一のものと見なせると確認した。

 縦三〇・八センチ、横五二・五センチで軸装されている。一二一二(建暦二)年、定家が仕える九条家に参った後、順徳天皇の行幸に参仕したと書いてある。藤原准教授によると「已昏黒也、日臈雖難堪、改冠帯、戌時許参内(既に真っ暗で、一日中出仕していてしんどいのだが、装束を改めて、午後八時ごろに内裏に参った)」と、夜の参仕への不満をつづっている。分量は多くないが、原本の空白部分を埋める「唯一性がある史料」だという。

 コレクションからは、室町時代の絵巻物「てこくま物語」下巻の原本も見つかった。明月記断簡と、てこくま物語は、十九日から碧南市藤井達吉現代美術館で始まる企画展「へきなんの文化財 未来へと守り伝えるもの」で初公開される。

◆石川三碧コレクション 寄贈100点、質高く

 貴重な品が相次いで確認された愛知県碧南市の「石川三碧コレクション」は、美術に関心を持ち、文化人と積極的に交流した三碧の活動によって残された美術作品群だ。これまでの調査では、日本を代表する文人画家・富岡鉄斎(てっさい)(一八三六〜一九二四年)や、書家・山中信天翁(しんてんおう)(一八二二〜八五年)らの作品が確認されている。

 中でも鉄斎は、三碧と長く親交を結び、美術品の収集に大きな影響を与えたとされる。明治中期には何度か石川家の屋敷に滞在。三碧の還暦や古希を祝って描いた絵も、コレクションに含まれている。

 碧南市藤井達吉現代美術館の木本文平館長は「鉄斎との交流によって、三碧も審美眼を磨き、美術品を大切に集めたのでは」と推測する。今回の発見で、コレクションの質の高さがあらためて裏付けられ、今後の調査研究に弾みがつきそうだ。

 (谷口大河)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索