トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

新人4氏が届け出 沖縄知事選告示

写真

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う知事選が十三日告示され、同日午後五時の締め切りまでに新人四氏が届け出た。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を争点に、移設推進の安倍政権が支援する候補と、反対派で野党が推す候補が激突する事実上の一騎打ちの構図。三十日に投開票される。結果は政府の移設計画や、今後の日米関係に影響を与える可能性がある。

 立候補したのはいずれも無所属で、前宜野湾市長佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=、自由党前衆院議員玉城(たまき)デニー氏(58)、琉球料理研究家渡口(とぐち)初美氏(83)、元会社員兼島俊(しゅん)氏(40)の四人。

 政権の全面支援を受ける佐喜真氏は、那覇市で開いた出陣式で「対立や分断からは何も生まれない。対話を通して県民の思いを伝えるべきところにしっかりと伝える。普天間飛行場や、那覇軍港の返還などを全てできるのは、この私しかいない」と強調した。

 辺野古移設の是非は明言せず、市中心部にある普天間飛行場の危険性除去と早期返還を訴えた。政権とのパイプを生かした所得向上や子育て支援策も打ち出した。

 反対派が推す玉城氏は、伊江村での第一声で「国頼みではなく、沖縄の人が誇りある豊かさを築き、イデオロギーよりもアイデンティティーを大事にしようという翁長氏の遺志を受け継ぎ、辺野古に新しい基地を造らせない」と訴え、辺野古移設阻止を前面に掲げた。

 共産、社民など県政与党や辺野古反対の市民団体が後押しする。県の辺野古沿岸部埋め立て承認撤回を支持、翁長氏後継を主張し「弔い合戦」を印象づける。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索