トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

プーチン氏、年内の日ロ平和条約提案 領土問題棚上げ

プーチン大統領

写真

 【ウラジオストク=栗田晃】ロシアのプーチン大統領は十二日、極東ウラジオストクの東方経済フォーラムで、安倍晋三首相に対して「一切の前提条件なしで、年内に平和条約を締結しよう」と提案し、北方領土問題を棚上げして平和条約交渉を急ぐよう促した。

 プーチン氏は平和条約締結後「友人として全ての係争中の問題を解決しよう」とも主張した。プーチン氏が公の場で領土問題の先送りを明確に打ち出したのは初めて。タス通信によると、ロシアのモルグロフ外務次官は「日本側に前もって明らかにしてはいなかった。われわれにはすぐに(平和条約)交渉を行う準備がある」と述べた。

 日ロ両政府はこれまで、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)、国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の北方四島の帰属問題を解決した後に平和条約を結ぶ方針の下、交渉を続けてきた。日本にとって領土抜きの条約締結は受け入れられず、菅義偉(すがよしひで)官房長官は十二日の記者会見で「北方四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結する方針に変わりない」と主張。一方、日本政府高官はロシア側に抗議は「しない」と述べた。

 プーチン氏は、安倍首相が平和条約締結問題で「アプローチを変えるべきだ」と述べたことを受けて発言した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索