トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

もしもし天国の君へ 自死の教え子に「潮風の電話」

「潮風の電話」について思いを語る沓名智彦さん(左)と和子さん=愛知県田原市で(鵜飼一徳撮影)

写真

◆田原でフリースクール運営夫婦が設置

電話ボックス「風の電話」=8月、岩手県大槌町で

写真

 三河湾を望む愛知県田原市の高台に立つ、赤い木製の電話ボックス。中には電話線がつながっていない黒電話が一つ。今夏、この地でフリースクールを運営する夫婦が設置した。十八歳で命を絶った教え子の女子生徒と「つながりたい」という願いからだ。発生から七年半を迎えた東日本大震災の被災地に立つ「風の電話」にちなみ、「潮風の電話」と名付けた。夫婦は活動の支えとするとともに、「大切な人を亡くした人に使ってほしい」と呼び掛けている。

 夫婦は沓名(くつな)智彦さん(66)と和子さん(69)。二〇〇一年、教師だった和子さんが、多様な子どもを画一的に指導する学校教育に限界を感じ、退職してフリースクール「ゆずりは学園」を画家の智彦さんと開いた。

 県内に住む女子生徒が通い始めたのは三年後。小学生の時、先生と合わず不登校になり、他人に甘えられない、本音が言えない自分に苦しんでいた。当時は中学二年生。「なぜ生きていないといけないのか」と自殺未遂を繰り返していた。

 家に泊まらせたり、カウンセリングをしたり、寄り添い続けた。だが、〇九年一月、生徒は自宅で自殺。遺書には「これ(自殺)に失敗したら生きるから」と書かれていた。「本当は生きたかったんだ。生きづらい社会にしたのは、私たち大人の責任。私たちが彼女を死なせてしまった」。学園をやめようとさえ思ったが、生徒の両親に「やめないで」と頼まれ、踏みとどまった。

 生前の希望に従ってお墓はつくられず、「ずっと心の整理がつかなかった」と智彦さん。そんな時、岩手県大槌町にできた「風の電話」を知った。東日本大震災で亡くなった人と残された人を結ぶ電話として広まっていた。

 生徒が亡くなって十年目の今年六月、解体業者から譲り受けた電話ボックスにペンキを塗って仕上げ、学園の敷地に建てた。初めて受話器を取った時、生前はつかめなかった彼女の本音が聞こえた気がした。語りかける場所ができ、ようやく心が落ち着いた。

 時折、電話ボックスに寄っては「元気?」「救えなくてごめんね」などと話し掛ける。パンを焼くのが好きな優しい生徒だった。「いつも、そこに、あの子がいるように感じる」と和子さんはほほ笑む。

 夫婦が支援した親子は三千人を超える。雨の夜、ずぶぬれになって家出した子どもを捜したり、ファクスを何十回もやりとりして親の苦しみを受け止めたり。「あの子がいたから、続けてこられた。もう二度と、あんな悲しいことは嫌」と智彦さん。電話は、夫婦だけのものではない。「私たちと同じように、大切な人を亡くした人に自由に使ってほしい」

 (今村節)

 <風の電話> 岩手県大槌町の海を望む高台にある電話ボックス。電話線がつながっていない黒電話が置かれている。ガーデンデザイナーの佐々木格(いたる)さん(73)が自宅庭園に設置。東日本大震災の後、遺族らが会えない相手に思いを伝え、しのぶ場となった。これまで国内外から約3万人が来訪。木製だったが、老朽化のため、8月にアルミ製に交換された。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索