トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

死者41人、捜索終了 北海道地震

北海道厚真町の土砂崩れ現場で最後の1人が見つかり、手を合わせる警察官や自衛隊員ら=10日午前2時7分

写真

 最大震度7を観測した北海道の地震で、道は十日、死者が四十一人になり、安否不明者はいなくなったと発表した。三十六人が死亡した厚真(あつま)町は、不明者の捜索が終了したと明らかにした。道内では電力の供給不足を補うため、平常時より二割の使用削減を目標とする節電の取り組みが始まったが、厳しい状況が続いた。経済産業省は十日、北海道電力が需要ピーク時の供給力を危ぶみ、検討している計画停電を十二日も実施しない予定と発表した。

 道などによると、九日に安否不明だった二人が厚真町で見つかり、それまでに心肺停止で発見されていた二人と合わせ、四人の死亡が確認された。十日午前二時すぎにも同町の土砂崩れ現場で最後まで安否が分からなかった男性(77)が心肺停止の状態で見つかり、その後死亡が確認された。

 また、苫小牧市の男性(56)が八日に自宅で大量の書籍の下敷きになっているのが見つかり、死因を調べた結果、地震の影響で亡くなったと十日特定された。

 北電は午前八時半から午後八時半の時間帯に、二割の節電を求めている。十日からホームページ上などに、一時間ごとの電力需要の削減率を掲載。民間企業も照明や冷暖房機の使用を抑制するなどしたが、十日午後八時までの実績は、おおむね10%台半ばで推移するにとどまった。

       ◇ 

 北海道厚真町で最大震度7を観測した地震の正確な発生日時について、気象庁が「六日午前三時七分」と特定していたことが、十日までに同庁への取材で分かった。地震を最初に検知したのは同三時八分だった。その後の解析で、正確な時刻を割り出したという。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索