トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

安倍氏、石破氏の一騎打ち 自民総裁選告示、20日投開票

(左)記者会見する石破元幹事長=7日午前、国会で、(右)首相官邸に入る安倍首相=7日午前

写真

 自民党総裁選が七日午前に告示され、連続三選を目指す現職の安倍晋三首相(63)と、石破茂元幹事長(61)が立候補を届け出て、両氏の一騎打ちとなった。三年前の前回は無投票で、選挙戦は二〇一二年以来六年ぶり。北海道での地震を受け、両陣営は選挙活動を九日まで自粛する。

 首相が党所属国会議員の八割以上を固め、優位に立っている。改憲、五年八カ月の安倍政権のあり方が争点。地方創生、経済政策、政治姿勢も問われる。国会議員票(四百五票)と党員・党友計約百四万人の投票による地方票(四百五票に換算)で争う。投開票は二十日。

 首相は七日朝、官邸に入る際に記者団に総裁選について問われたが、答えなかった。閣議後に北海道地震に関する関係閣僚会議に出席し、地震対応に専念する姿勢を示した。石破氏は「この国をどうしていくべきか首相と議論を交わし、国民に選択肢を提示する総裁選であってほしい」と国会内で記者団に語った。

 党総裁選管理委員会は、七日に予定されていた候補者演説会と共同記者会見を十日に延期。両陣営は出陣式やテレビ出演なども自粛した。八日に行う予定だった日本記者クラブ主催の討論会は、十四日に変更する方向で調整している。

 <安倍晋三氏(あべ・しんぞう)> 成蹊大卒。神戸製鋼所社員、父の故晋太郎元外相の秘書官を経て93年に衆院初当選。自民党幹事長、官房長官を歴任し06〜07年に首相。12年に再び首相に就いた。63歳。山口4区、衆院当選9回(無派閥)

 <石破茂氏(いしば・しげる)> 慶大卒。三井銀行社員を経て86年に衆院初当選。防衛庁長官、防衛相、農相、自民党政調会長、党幹事長、地方創生担当相を歴任した。党石破派(水月会)会長。61歳。鳥取1区、衆院当選11回(石破派)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索