トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

台風21号、徳島に上陸 「非常に強い」25年ぶり

台風21号の接近で、防波堤に押し寄せる高波=4日午前7時54分、三重県熊野市の七里御浜海岸で(大橋脩人撮影)

写真
写真

 台風21号は四日正午ごろ、徳島県南部に上陸した。同日夕には日本海に抜けて北上する見通し。「非常に強い台風」の日本上陸は一九九三年の台風13号以来、二十五年ぶり。北日本から西日本の広い範囲で猛烈な雨や風となる見通しで、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波、高潮などに厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、高知県田野町では四日午前、一時間に九二・〇ミリの猛烈な雨を観測。同県の室戸岬では五五・三メートルの瞬間風速を観測した。今後、台風は能登半島付近を進み、東北の日本海側沿岸を北上。五日朝には北海道沖に進み、温帯低気圧に変わるとみられる。徳島県南部には八月二十三日に台風20号が上陸したばかり。

 偏西風の影響で速度が上昇しており、気象庁の予測では四日夜には時速七〇キロに達する可能性がある。近づくと急速に雨や風が強まる恐れがある。

 西日本や東海では次々と列車が運休。東海道新幹線や山陽新幹線は運行本数を減らす区間もあった。航空各社も近畿や東海、四国の空港を発着する便を中心に七百十便以上を欠航とした。臨時休業する百貨店もあった。

 五日正午までの二十四時間予想雨量は東海五〇〇ミリ、近畿と関東甲信四〇〇ミリ、北陸二五〇ミリ、北海道一八〇ミリ、四国と東北一五〇ミリ、中国一〇〇ミリ。四国や近畿のほか東海では局地的に一時間に八〇ミリ以上の猛烈な雨が降る可能性がある。

写真

 五日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国と近畿が四五メートル(六〇メートル)、東海が三五メートル(五〇メートル)など。

 海上も大しけとなり、波の高さは四国と近畿が一二メートル、東海が一一メートル、伊豆諸島が八メートル、九州南部と九州北部、北陸、関東、東北、北海道が六メートル、中国が四メートル。

 台風は四日正午現在、徳島県阿南市付近を時速五五キロで北北東に進んだ。中心気圧は九五〇ヘクトパスカルで、最大風速は四五メートル、最大瞬間風速は六〇メートル。中心の南東側一九〇キロ以内と北西側九〇キロ以内が風速二五メートル以上の暴風域。

     ◇ 

 気象庁によると、東海三県で五日にかけて予想される一時間雨量は、いずれも多いところで愛知八〇ミリ、岐阜一〇〇ミリ、三重九〇ミリ。五日午前六時までの二十四時間の予想雨量は、愛知三〇〇ミリ、岐阜四〇〇ミリ、三重四〇〇ミリ。

 愛知、岐阜、三重のいずれも、陸上での最大風速は二五メートルの見込み。午後零時半現在、愛知、岐阜、三重の全域に暴風警報が発令されている。愛知、三重では大雨警報も全域に発令中。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索