トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

台風21号、4日午後に東海最接近

台風21号の接近に備え、ぎっしりと並んで係留された漁船=3日夕、三重県尾鷲市の尾鷲港で(大橋脩人撮影)

写真

 非常に強い台風21号は三日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。四日昼ごろに紀伊半島や四国に上陸、近畿を直撃する恐れがある。非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、一九九三年の台風13号以来二十五年ぶりとなる。猛烈な風や雨となる恐れがあり、気象庁は暴風や高波、土砂災害や川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 四日夜には強い勢力で日本海に進み、五日にかけて北日本の日本海側沿岸を北上する見込み。

写真

 国内航空各社は、四日に近畿、東海、四国の各空港を発着する便を中心に計六百便以上の欠航を決定。東海道・山陽新幹線は午前から運転を見合わせたり、本数を減らしたりし、JR四国も午前九時ごろから四国内の全列車を運休する。

 政府は三日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 四日は台風の接近に伴って、西日本から東日本の太平洋側では急に雨が強まり、雷を伴って局地的に猛烈な雨が降る。五日午前零時までの二十四時間予想雨量は四国と近畿、東海が五〇〇ミリ、関東甲信が四〇〇ミリ、北陸が三〇〇ミリ。

 四日までの最大風速(最大瞬間風速)は四国と近畿が四五メートル(六〇メートル)、東海が三五メートル(五〇メートル)、東北と北陸、中国が三〇メートル(四五メートル)。波は四国と近畿が一二メートル、東海が一〇メートル、伊豆諸島が七メートル、関東、北陸などが六メートル。

 台風は四日午前零時現在、種子島の南東約二〇〇キロを時速約二五キロで北に進んだ。中心気圧は九四五ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は四五メートル、最大瞬間風速は六〇メートル。中心の東側一七〇キロ以内と西側一一〇キロ以内は風速二五メートル以上の暴風域。

◆暴風雨に警戒

 名古屋地方気象台によると、台風21号は東海地方に四日昼すぎから同日夜にかけて最も近づくと予想されている。担当者は「非常に強い勢力を保ったまま暴風域を伴い、速度を速めながら接近するだろう」と厳重な警戒を呼びかけている。

 気象台などによると、中部地方では四日未明から雷を伴った激しい雨が降る見込み。さらに、最接近する四日正午ごろから五日午前六時ごろまでは猛烈な雨になると予想されている。

 四日にかけて予想される一時間雨量は、いずれも多いところで愛知八〇ミリ、岐阜一〇〇ミリ、三重九〇ミリ。五日正午までの二十四時間の予想雨量は愛知三〇〇〜四〇〇ミリ、岐阜三〇〇〜五〇〇ミリ、三重三〇〇〜四〇〇ミリ。陸上でも最大風速二五メートルの非常に強い風が吹く恐れがある。 

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索