トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

台風21号、4日午後に東海接近 午前から激しい風雨

写真

 非常に強い台風21号は三日、沖縄・南大東島の東の海上を北上した。四日昼ごろにも紀伊半島から四国に接近し、上陸する恐れがある。勢力を保ち「非常に強い」まま上陸すれば一九九三年の台風13号以来二十五年ぶりになる。気象庁は暴風、高波や高潮、土砂災害、浸水、川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 JR西日本は三日、台風接近に伴い、四日午前十時ごろまでに京阪神エリアの在来線の全線で運転を取りやめる予定だと明らかにした。西日本や東日本では四日の帰宅時間帯にも交通機関に影響が出る恐れがある。

 気象庁によると、四日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、四国、近畿四五メートル(六〇メートル)、東海、北陸、東北三〇メートル(四五メートル)、中国二五メートル(三五メートル)、沖縄二三メートル(三五メートル)、関東、伊豆諸島二二メートル(三五メートル)。波の高さは四国、近畿一一メートル、東海一〇メートル、伊豆諸島七メートル、沖縄、関東六メートル。

 台風21号は三日正午現在、南大東島の北東約二〇〇キロを時速約二〇キロで北西へ進んだ。中心の気圧は九四〇ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は四五メートル、最大瞬間風速は六五メートル。中心の東側二二〇キロ以内と西側一三〇キロ以内は風速二五メートル以上の暴風域。

      ◇

 台風21号は東海地方には、四日午後に最も接近するとみられる。気象庁は「四日午前から激しい風雨に見舞われる予想で、最大級の警戒が必要だ」と呼び掛けている。

 東海地方では四日朝から雷を伴った非常に激しい雨が降り、正午以降は局地的に猛烈な雨が降る見込み。

 四日にかけて予想される一時間雨量は、いずれも多いところで愛知八〇ミリ、岐阜一〇〇ミリ、三重九〇ミリ。五日午前六時までの二十四時間の予想雨量は、愛知三〇〇〜四〇〇ミリ、岐阜三〇〇〜五〇〇ミリ、三重三〇〇〜五〇〇ミリ。気象庁の担当者は「東海地方は、より風雨の激しい台風の東側になる可能性が高い。陸上でも非常に強い風が吹くので、注意が必要だ」と話している。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索