トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

地震・豪雨災害、命どう守る 防災の日、各地で訓練

防災の日に合わせ、シェイクアウト訓練で身をかがめる子どもら=1日正午、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で(今泉慶太撮影)

写真

 「防災の日」の一日、政府は南海トラフ巨大地震を想定した総合防災訓練を行った。自治体や住民が連携して首都直下地震、大津波などに備えた訓練も各地で実施。六月の大阪府北部地震や七月の西日本豪雨など自然災害は後を絶たず、初動を含む必要な対応の確認・検証を通じて防災意識を高め、いざというときに命を守る行動につなげる。

 政府の訓練は、午前七時十分ごろに和歌山県の南方沖でマグニチュード9・1の地震が起き、同県や静岡、愛知、三重、徳島、香川、愛媛、高知、宮崎各県で震度7、京都、大阪両府と山梨、岐阜、滋賀、兵庫、奈良、岡山、広島、大分各県で震度6強が観測されたと想定。全閣僚が出席して官邸で開かれた緊急災害対策本部会議で、安倍晋三首相は人命救助に全力で取り組むよう求めた上で「被害状況を早急に把握し、連携してこの国難に一丸で対応してください」と指示した。

 川崎市では首都圏の九都県市が自衛隊と連携して首都直下地震を想定した合同訓練を行い、約八千人が参加した。官邸から移動した安倍首相も視察した。

 警視庁は埼玉、神奈川両県警と合同で都心と神奈川県を結ぶ国道246号の一部を通行止めにし、緊急車両専用にする対応を確認した。宮城県は東日本大震災で被害を受けた七ケ浜町で地震や津波、火災を想定した訓練を実施。将来の防災の担い手となる小中学生も参加した。京都市は市内の樫原水尾断層を震源とする直下型地震を想定した訓練を行った。二〇一六年の熊本地震で震度7を二回観測した益城町は町役場仮庁舎で大規模地震を想定した図上訓練を行った。

◆揺れた!かがめ! 愛知

 愛知県内各地でも一日、地震発生を想定し、時報などを合図に参加者が一斉に頭を守る姿勢などをとる「あいちシェイクアウト訓練」(県主催)があった。

 長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にある農業体験施設「あいちサトラボ」では正午、職員が「訓練を実施します。地震の揺れから身を守ってください」と呼び掛けた。来園者や施設のボランティアら約二十人が、その場で頭を抱えて身をかがめた。参加した名古屋市緑区の会社員岩田康宏さん(41)は「自宅や職場で、これまで訓練をすることがなかった。いつ来るか分からない地震に備える必要がありますね」と話していた。

 県は企業や学校などにシェイクアウト訓練への参加を呼び掛け、本年度は八月三十一日までに、七十六万八百二十八人が参加者登録した。九月一日の「防災の日」のほか、都合の良い日を選んで、グループごとに訓練をする。

 「シェイクアウト」は「揺れに備えろ」という意味で、米国発祥の訓練。参加者たちは時報やサイレンの音などを合図に、約一分間、「姿勢を低く」「頭を守り」「じっとする」の三つの動作をとる。

 <防災の日> 毎年9月1日。死者・行方不明者が10万5000人余りに上った関東大震災が1923年9月1日に起きたことによる。死者・行方不明者5000人以上を出した伊勢湾台風の翌60年、防災意識を高めて災害に備えようと閣議了解で制定された。その後、防災の日前後の8月30日〜9月5日が「防災週間」と定められた。防災の日と同様、自然災害の教訓を語り継ぐため制定されたものには阪神大震災(95年)に由来する「防災とボランティアの日」(1月17日)、大津波で紀伊半島などが被害を受けた江戸時代の安政南海地震(1854年)にちなむ「津波防災の日」(11月5日)がある。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索