トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

17年度の児童虐待13万件で過去最多 面前DVの通告増加

 全国に二百十カ所ある児童相談所が二〇一七年度に児童虐待の相談や通告を受けて対応した件数が十三万三千七百七十八件(速報値)に上り、過去最多を更新したことが三十日、厚生労働省のまとめで分かった。統計開始から二十七年連続の増加。配偶者への暴力で子どもがストレスを受ける「面前DV」が心理的虐待として認知され、通報を受けた警察が児相通告を徹底化していることを反映した。一六年度に虐待で死亡した子どもが前年度比七人減の七十七人(心中の二十八人を含む)、今年六月時点で所在不明の子どもが二十八人いることも判明した。

 厚労省によると、虐待の対応件数は一五年度に初めて十万件を突破。一五年度から一六年度にかけては一万九千二百八十九件増えていた。一七年度は一万一千二百三件(9・1%)の増加で、大半を警察からの通告が占めている。

 対応件数を内容別に見ると、面前DVや無視、暴言など心理的虐待が54・0%を占め、身体的虐待が24・8%、育児放棄(ネグレクト)が20・0%、性的虐待が1・2%だった。半数近くが警察からの通告だった。

 都道府県別では、大阪(一万八千四百十二件)が最多。神奈川(一万三千九百二十八件)、東京(一万三千七百七件)が続いた。中部地方は、愛知が七千二百六十二件、岐阜が千九十五件、三重が千六百七十件、長野が二千四十八件、福井が五百五十三件、滋賀が千四百件で、各県とも一六年度より増加した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索