トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

トヨタがウーバーに550億円追加出資 自動運転でも協業

 トヨタ自動車は二十八日、米配車サービス大手で提携関係にあるウーバー・テクノロジーズに五億ドル(約五百五十億円)を追加出資すると発表した。協業分野を自動運転にも拡大し、両社の自動運転技術などを搭載した車両を、二〇二一年に米国内のウーバーのライドシェア(相乗り)サービス網に投入する。

 トヨタは、ウーバーの運転手に車両を貸し出し、リース料を受け取る仕組みで一六年五月に提携し、金融子会社を通じて同社に出資している。

 追加出資に合わせた計画では、トヨタの北米向けミニバン「シエナ」に、ウーバーの自動運転システムと、トヨタの高度運転支援システムを搭載し、二一年に配車サービスを米国で始める。車両は、モビリティ(移動)サービス事業のためトヨタが構築する情報基盤とつながっており、ウーバーのサービス網から大量の運行情報を得られる。

 自動運転車を開発中のウーバーは、今年三月に試験車両が米アリゾナ州で歩行者をはねて死亡させる事故を起こし、同州での試験を断念した。トヨタとの協業強化で安全性を高めて、開発を再び軌道に乗せる狙いとみられる。トヨタも、自動運転とライドシェアを組み合わせた事業に関わることで、新たな移動サービスの開発につなげる。

 トヨタの友山茂樹副社長は「両社の技術を連携させたサービスは、安全で安心な自動運転モビリティサービスの実現への道筋になる」とコメントした。

 トヨタは東南アジアの配車サービス最大手グラブにも今年六月に千百億円を出資するなど、移動サービスの事業展開を拡大している。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索