トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

池江6冠 アジア大会

ジャカルタ・アジア大会の競泳女子50メートル自由形で優勝し、今大会6個目の金メダルを獲得し笑顔を見せる池江璃花子=24日、ジャカルタで(潟沼義樹撮影)

写真

 【ジャカルタ=本社取材団】ジャカルタ・アジア大会第七日の二十四日、最終日を迎えた競泳で女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=が50メートル自由形を24秒53で制し、六冠を達成した。金メダル数でアジア女子と日本選手の一大会最多獲得記録を塗り替えた「アジアの水の女王」が、二年後の東京五輪へ弾みをつけた。

 長いリーチを生かして力泳するスプリンターは50メートルと100メートルの自由形とバタフライ、400メートルリレー、400メートルメドレーリレーで優勝し、競泳女子の西側よしみ(一九七〇、七四年大会)の金メダル五個を更新した。今大会最後の八種目目で快挙を成し遂げた。

 東京・淑徳巣鴨高三年。リオデジャネイロ五輪100メートルバタフライで五位に入賞した。リレーを含めた十種目で日本記録を持つ。金メダル一大会最多は八二年大会射撃男子のソ・ギルサン(北朝鮮)の七個。総数はソの八個で、池江は「銀」二を合わせて最多に並んだ。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索