トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

死者200人に、不明60人超 西日本豪雨1週間

岡山県倉敷市真備町地区で泥だらけになって片付けに追われる男性=12日午後

写真

 西日本豪雨で警察庁は十二日、被災地での死者が十四府県二百人に上ったと発表した。共同通信のまとめでは、広島、岡山両県を中心に六十人超が安否不明。十五府県で約七千人がなお避難を余儀なくされている。近畿から九州まで広範囲に大雨特別警報が出されてから十三日で一週間。土砂崩れや河川氾濫の被害を受けた地域ではインフラの復旧が進まず、生活再建のめどは立たない。

 死者・不明者が二百九十九人に上った一九八二年の長崎大水害以降、最悪の豪雨被害となった。総務省消防庁によると、避難指示・勧告対象は最大で二十三府県、約八百六十三万人に及んだ。七日に十九府県で四万二千人を超えた避難者は、十二日正午時点で十五府県で七千八十五人。

 被災地では警察や自衛隊、消防、海上保安庁が七万人以上の態勢で不明者捜索や救援活動を継続。気象庁は、被害が大きい中国・四国地方の各地で週末にかけて厳しい暑さが続くとして、熱中症予防や体調管理を呼び掛けている。

 多くの家庭で断水が続いており、厚生労働省によると断水戸数は十二日正午時点で計二十三万五千戸。

 警察庁によると、被災地での死者は広島九十一人、岡山五十八人、愛媛二十六人、京都五人、山口、高知、福岡各三人、岐阜、兵庫、佐賀、鹿児島各二人、滋賀、鳥取、宮崎各一人。

 五日以降の共同通信のまとめでは、死者は計百八十七人。全体の約三割が浸水した岡山県倉敷市真備(まび)町地区での犠牲者が五十人に達した。安否不明者は広島三十七人、岡山二十五人、愛媛二人、大阪、奈良、高知各一人。

 豪雨の人的被害で、共同通信の集計は各自治体の発表を中心に死者数をまとめているのに対し、警察庁は各警察本部の情報を基に自治体発表前の死者数も加えている。

◆避難者1人が死亡 愛媛・西予

 愛媛県は十二日、西日本豪雨により同県西予市の避難所に避難していた一人の死亡が確認されたと明らかにした。県によると、死因は急性心臓死。災害関連死かどうかは不明で、氏名や性別、年齢などは公表しないとしている。

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索