トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

不明者大幅増、79人に 西日本豪雨

山積みになった被災ごみ=11日午前、岡山県倉敷市真備町地区で

写真

 西日本豪雨で、菅義偉官房長官は十一日の記者会見で、死者が計百七十六人に上ったことを明らかにした。共同通信のまとめでは、死者は十二府県で計百六十八人。依然、七十九人が安否不明となっている。

写真

 共同の各府県まとめで、死者は広島六十七人、岡山五十六人、愛媛二十六人、京都四人、山口、福岡各三人、兵庫、高知、鹿児島各二人、岐阜、滋賀、佐賀各一人。

 一方、広島、愛媛、岡山の三県の計二十五万四千八十四戸で断水が続き、大半の自治体で復旧の見通しが立っていないことが、各県や厚生労働省への取材で分かった。岡山、愛媛両県は水道施設の被害状況を十分に把握できていない。岐阜など他九府県の千百五十三戸も断水しており、市民生活への影響が長期化するのは確実だ。

 厚労省によると、断水は十日午後八時時点で広島県が二十一万一千三百十戸、愛媛県は二万二千七百五十七戸、岡山県が二万十七戸。三県などでは各地の水道事業者や自衛隊から給水の支援を受けている。

 広島県では土砂崩れが相次ぎ、水道管が破損したり、配水池が停電したりして十四市町で断水。十人以上が死亡した呉市では、広島市から延びる送水トンネルの管理施設が土砂で大破した。呉市の大部分の約九万三千戸に影響が出ており、学校などで市民に給水している。一方、三原市や尾道市などでは十六日にも送水が開始される見通し。

 愛媛県は九市町で水道施設に被害が生じ、このうち宇和島市や西予市では病院施設も断水している。県内の各市町職員は給水優先で対応し、被害の実態調査が追いついていないという。

 岡山県によると、浄水場や水源地が冠水して飲用水を供給できず、倉敷市や高梁市など五市町で断水しており、復旧のめどは立っていない。

 岐阜県では下呂市と関市で計二百二十戸以上が断水している。

 厚労省は、断水が広範囲に及んだことに「通常なら稼働できる水道施設が、河川の氾濫や土砂崩れの影響で運転できなくなった。自然災害としての規模が大きかった」と説明する。

 中野晋(すすむ)徳島大環境防災研究センター長(地域防災学)は「水道設備は川に近いため、洪水の被害を受けやすい。地震と比べて対策が遅れており、浸水を想定した取り組みが必要だ」と話した。

◆岡山の不明者5人→32人

 西日本豪雨で、岡山県は十一日、同県倉敷市真備町地区の二十七人を含め、県内で計三十二人の安否が分からないとして、全員の氏名を公表した。これまで県内の不明者は五人としており、大幅に増えた。

 県によると、川の堤防の決壊で広範囲が浸水した真備町地区がある倉敷市で不明者が二十六人増加。井原市でも新たに女性一人が不明となっている。

 県は「各自治体や消防との確認ができたため、実名を公表した」としている。

断水が続く中、井戸から水を補給する住民=11日午前、広島県呉市天応地区で

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索