トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

非核化具体策は米朝高官で協議 ポンペオ氏

 【ワシントン=後藤孝好】ポンペオ米国務長官は十三日、トランプ大統領と金正恩委員長が十二日に署名した共同声明について「(事前協議の)全ての作業結果が共同声明に記されたわけではなく、(共通)理解に達した点は他にも多くある」と成果を強調。文書化できなかった北朝鮮非核化の具体策について、来週にも米朝高官協議を開催して詰めの作業を急ぎたい考えを示した。ソウルで記者団に語った。

 共同声明には、米国が受け入れられる唯一の結果としていたCVIDが明記されていない。保有する核兵器の検証方法や廃棄の手法、非核化を達成する段取りなど具体策は盛り込まれず、今後の協議に多くの課題を残す結果に終わっていた。

 ポンペオ氏は、CVIDに関して「検証することなく、完全な非核化はできない」と指摘。その上で、共同声明に「完全な非核化」という文言があることを挙げて「『完全』には検証可能で不可逆的ということが含まれる」と強弁した。

 米韓合同軍事演習については「トランプ氏は中止の前提条件を建設的で誠実な交渉が行われている間と明確にしていた」と言及。米朝の交渉が行き詰まれば、軍事演習を再開する方針を示してけん制した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索