トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

渡部が女流王位 里見破り初タイトル

渡部愛新女流王位

写真

 将棋の第二十九期女流王位戦五番勝負(中日新聞社主催)の第四局が十三日午前九時から、徳島市のJRホテルクレメント徳島で指され、午後七時十四分、先手番の渡部愛(わたなべまな)女流二段(24)が百三十九手で里見香奈女流王位(26)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=を破り、三勝一敗で初タイトルとなる女流王位を獲得した。

 持ち時間各四時間のうち、残りは両者一分。渡部新女流王位は同日付で女流三段に昇段した。

 渡部新女流王位は、日本女子プロ将棋協会(LPSA)に所属。同協会の所属棋士のタイトル獲得は、第十八、十九期(二〇〇七〜〇八年)の石橋幸緒女流王位(当時)以来。

 里見前女流王位は女流王位の四連覇と、通算五期で獲得する「クイーン王位」を逃し、女流四冠に後退した。

 <わたなべ・まな> 1993年、北海道帯広市生まれ。2013年、女流2級(プロ入り)。15年、第1回女子将棋チャレンジ杯で初優勝。翌年、2連覇を達成。17年、女流二段。本格派の居飛車党で攻め将棋。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索