トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

複数台で自動運転実験 愛知県と企業、全国初

 人工知能(AI)がすべての運転操作を担い、走行を制御する自動運転車の開発で、愛知県と県内の自動車関連企業などが、複数台の自動運転車を同時に走らせる全国初の実証実験を、本年度内に豊橋市など県内三市で実施することが分かった。運転席に人が座らない「レベル4」と呼ばれる高い技術の実験となり実用化に向け課題を検証する。

 実証実験は、豊橋市の豊橋総合動植物公園や一宮市の住宅団地の公道、常滑市の中部国際空港内の公道などで実施。ワゴン車とゴルフカートの改造車、電動車いすの改造車計二〜四台を同時に走らせ、車両が交錯する市街地の環境を再現する。一〜三キロの距離を走らせて車両同士が近づいた際の動作に支障がないかなどを確認し、実用化に必要な走行データを得る。

 運転席に人が乗らない代わりに、離れた場所にいる人が走行中の車両のカメラからの映像をモニター画面で見ながら走行を一括で監視する。実験中に万一の事態が起きたときは、走行を遠隔操作で止めるなどの処置を取る。

 実験を統括するのは、測量システム開発会社のアイサンテクノロジー(名古屋市)。複数台を遠隔操作するには、高速で大量の情報を送受信できる次世代の通信規格「5G」の活用も必要になるため、携帯電話大手のKDDI(東京)などの協力も得る。

 愛知県などは昨年度、運転席に人が座らないワゴン車一台を公道で走らせるレベル4の実証実験を全国で初めて実施した。県は実験で得た技術を生かし、山間地の住民の買い物支援や福祉施設への送迎などに自動運転車を使うことを想定しており、結果を開示して技術開発に生かしてもらう。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索