トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

警官射殺「がみがみ言われ」 彦根、容疑の19歳巡査逮捕

滋賀県警彦根署を出る、19歳の巡査を乗せた車両=12日午前

写真

 滋賀県彦根市南川瀬町、彦根署の河瀬駅前交番で十一日夜、井本光(あきら)巡査部長(41)=同市長曽根町=が拳銃で撃たれ死亡した事件で、県警は十二日、自分の拳銃を持って逃走していた部下の巡査の男(19)=彦根市=を殺人の疑いで逮捕した。巡査は「がみがみ言われて腹が立った」と容疑を認めている。

写真

 警察庁によると、未成年の警察官による殺人事件は初めてとみられる。警察庁の栗生俊一長官は十二日会見し、「法を執行する警察官が職務上貸与された拳銃を使って同僚警察官を殺害する事件は今までになく、極めて遺憾」と述べた。

 県警によると、巡査は十二日午前一時三十五分ごろ、交番から約五キロ南の同県愛荘町(あいしょうちょう)川久保の近江鉄道の線路上を歩いているところを捜査員に発見された。巡査は約五十万円を所持しており、落ち着いた様子で職務質問に応じたという。巡査は「いすに座ったまま前に倒れ、ぴくりともしなかったので死んだと思った」と供述し、パトカーで逃走したという。

 逮捕容疑では、巡査は十一日午後七時四十五分ごろ、河瀬駅前交番で井本巡査部長の後頭部と背中を拳銃で撃ち、殺害したとされる。撃ったのは二発とみられ、交番の防犯カメラの映像には倒れ込む井本巡査部長の姿が確認された。事件の発覚時、交番のドアや窓は施錠されていた。

 巡査は三月二十六日、井本巡査部長とともに河瀬駅前交番に配属されたばかりだった。三人体制で、井本巡査部長は巡査の教育係として三日に一度、一緒に勤務。事件のあった十一日は別の巡査が病欠のため二人だけだった。

 巡査の拳銃は十二日午前七時ごろ、同県豊郷町の田んぼで革ベルトや手錠、警棒とともに捨てられているのが発見された。銃弾は三発残っており、交番の外で発射された形跡はない。ここから約六百メートル南西の愛荘町の田んぼでは十一日夜、巡査が乗り捨てたとみられる交番のパトカーが見つかっていた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索