トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

日野・VW、商用分野で提携検討 トラック自動運転研究

 トヨタ自動車傘下の日野自動車とドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、商用車分野で提携を検討していることが十二日、分かった。トラックの自動運転技術の研究開発が軸になる見込み。電動化への対応も含め、幅広い分野で協力を探るとみられる。巨額の投資が必要な次世代技術を巡り、国境を超えた連携に発展する。

 日野の下義生社長と、VWの商用車持ち株会社のアンドレアス・レンシュラー最高経営責任者(CEO)が午後三時から東京都内で共同記者会見を開く。

 日野はトヨタなどと電気自動車(EV)の基盤技術を共同で開発することを決めている。VWとの提携に乗り出すことで、トヨタを含めた協力の在り方も焦点となりそうだ。

 米アマゾン・コムなどインターネット通販の普及を背景に、物流業界の人手不足は深刻になっている。日野はこうした状況に対応するため、他社との協力を模索。自動運転で複数のトラックが並んで走る「隊列走行」の基礎技術をいすゞ自動車と共同で開発したほか、欧州など海外メーカーとの連携を検討していた。

 日野は日本やアジア、VWは欧州に強く、両社は生産や販売網の活用でも協力する可能性がある。互いの得意分野を生かすことができれば競争力強化につながりそうだ。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索