トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

正恩氏、南北関係改善を指示 代表団報告で韓国に謝意

12日、韓国から帰還した北朝鮮の金与正朝鮮労働党第1副部長(右から2人目)ら高官代表団と記念写真に納まる金正恩党委員長(中央)。労働新聞が13日掲載した=コリアメディア提供・共同

写真

 【ソウル=城内康伸】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は十二日、平昌冬季五輪の開会式出席のため韓国を訪問した高官代表団と会い、「今後の北南関係の改善・発展の方向」を具体的に提示、関係部門に対策を指示した。正恩氏は訪韓結果に満足の意を表明したという。朝鮮中央通信が十三日伝えた。

 対策の具体的な内容は伝えていないが、代表団を礼遇した融和姿勢の文在寅(ムンジェイン)韓国大統領を一気に取り込み、米国が主導する国際社会の包囲網を突破しようとする意図が透けて見える。

 同通信によると、正恩氏の妹で「最高指導者(正恩氏)の特命を受けて活動した」金与正(キムヨジョン)氏(党第一副部長)が、文氏との会談結果や、訪韓中に把握した韓国や米国の動向について詳細に報告した。

 正恩氏は「南(韓国)側が、代表団をはじめ五輪に参加したわが国のメンバーの訪問を格別に重視し、便宜と活動を確保するため誠意を尽くして努力する姿が印象的だった」と評価。韓国側に謝意を表した。

 その上で「五輪を契機に、北と南の強烈な願望と共通の意志がもたらした和解と対話の良い雰囲気をさらに高め、優れた結果を引き続き重ねていくことが重要だ」と強調した。

 北朝鮮は正恩氏の指示に沿って、韓国に秋波を送り続ける一方で、圧力強化を主張する日本や米国の批判を続け、韓国と日米を引き離す動きを強めるとみられる。

 また正恩氏は十二日、韓国公演を終え、平壌(ピョンヤン)に戻った「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」とも会い「文大統領夫妻をはじめ南の同胞が公演を見て歓呼し満足を表したそうだが、私もうれしい」と語ったという。

 高官代表団は九〜十一日に韓国を訪れた。十日の文氏との会談で正恩氏の親書を渡して、訪朝を招請した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索