トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

経常黒字、リーマン後最大 17年21兆円

写真

 財務省が八日発表した二〇一七年の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年比7・5%増の二十一兆八千七百四十二億円だった。リーマン・ショック前年の〇七年(二十四兆九千四百九十億円)以来、十年ぶりの高水準。好調な世界経済を背景に、企業が海外子会社から得る配当金や訪日外国人が日本で使うお金が増加したことが主因。日本がモノの輸出だけでなく、投資や観光で外貨を稼ぐ構造に変化していることが鮮明になった。

 リーマン後最大となった経常黒字は比較可能な一九八五年以降でみると、〇七年に次いで二番目に大きかった。経常収支のうち、企業が海外投資から得る利子や配当金の動向などを示す「第一次所得収支」の黒字額は十九兆七千三百九十七億円に達し、9・1%伸びた。

 訪日客の消費から日本人が海外で使ったお金を引いた「旅行収支」は32・9%増の一兆七千六百二十六億円の黒字。訪日外国人旅行者数が過去最高となり、黒字額は比較可能な九六年以降で過去最大を更新した。旅行者の宿泊費や飲食費、国際貨物の運賃などを含むサービス収支全体では七千六十一億円の赤字で、赤字額は過去最小だった。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は四兆九千三百八億円の黒字だった。黒字は二年連続となったが、黒字額は10・8%減少した。半導体製造装置や自動車が好調で輸出は11・9%増の七十七兆一千九百五十五億円と伸びた。半面、原油価格の上昇などで輸入が13・9%増の七十二兆二千六百四十七億円となった結果、黒字幅が縮小した。

 一七年十二月の経常収支は前年同月比28・5%減の七千九百七十二億円の黒字だった。

◆<解説> 輸出で稼ぐ構図、転換加速

 二〇一七年の経常収支の黒字額が十年ぶりの高水準となったのは企業の海外進出が加速し、好調な世界経済を追い風に収益を拡大させているためだ。ただ、米国の長期金利上昇をきっかけに世界で同時株安が起きるなど先行きにはリスクが漂う。経常黒字の拡大基調が継続するかは予断を許さない。

 一七年の経常黒字は、企業が海外投資から得る配当などの動向を示す「第一次所得収支」が大半を占めた。第一次所得収支の黒字額は〇五年に貿易黒字を上回り、輸出で稼ぐ構図は大きく転換してきた。今後もこの流れが加速するとの見方が強い。

 世界的な株安は「一時的な調整局面」(政府関係者)との見方もあるが、米金利上昇に歯止めがかからず実体経済に影響が及べば、日本の稼ぐ力が低下しかねない。

 観光客のお金の出入りを示す「旅行収支」の一七年の黒字額は過去最高を更新し、新たな稼ぎ頭になりつつある。政府は外国人旅行者を一七年の推計二千八百六十九万人から、二〇年には四千万人まで増やす目標を掲げており、今後も経常収支を下支えしそうだ。

 (共同・長尾寛)

 <国際収支> 日本と海外の経済取引の状況を示す統計。輸出入の差額である「貿易収支」、旅行者のお金の出入りや企業の持つ特許権の使用料などの動向を合わせた「サービス収支」のほか、対外投資から得た利子や配当の「第1次所得収支」、寄付や贈与の「第2次所得収支」がある。これらを合算した「経常収支」が全体像を示す。日本に入ってくるお金が海外に出ていくお金よりも多ければ、経常収支は黒字となる。日本は経常黒字の多くを第1次所得収支で稼いでいる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索