トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

ハンドルもありません GMが来年世界初「完全自動」

GMのハンドルやアクセルペダルなどがない自動運転車のイメージ=同社提供・共同

写真

 【ニューヨーク=共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は十二日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を二〇一九年に実用化すると発表した。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転の技術を搭載する世界初の量産車になる可能性がある。

 完全な自動運転車の実用化を目指す米IT大手グーグル系のウェイモや日本勢を含む他の自動車メーカーなどとの先陣争いが一段と激化しそうだ。新車両「クルーズAV」は、小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースに開発する。ロイター通信によると、GMは十一日、この車を走行させる許可を米政府に申請したという。

 GMは昨年十一月、運転手が不要な「無人タクシー」を一九年に事業化する計画を明らかにしており、当初はクルーズAVを無人タクシーとして使う方針だ。

◆レベル4の実用化 トヨタ20年代前半

 トヨタ自動車は、高速道路で自動運転できる「レベル2」に相当する車について、東京五輪が開かれる二〇二〇年の発売を目指している。一般道で自動運転ができるレベル4の車は二〇年代前半に実用化する目標を掲げている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索