トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

トヨタ・マツダの米工場、アラバマに建設 4000人の雇用計画

写真

 トヨタ自動車とマツダは、米国で計画している新工場を南部アラバマ州に建設することを決めた。両社が現地時間の十日午後(日本時間十一日午前)、同州の州都モントゴメリーで発表する。新工場を巡っては二十三州が誘致に関心を示したが、生産や輸送の効率性などの面からアラバマ州に絞り込んだ。

 昨年八月に資本提携を発表したトヨタとマツダは、折半出資で新工場を建設する計画を公表。生産能力は年間三十万台規模で、トヨタはカローラ、マツダは新型のスポーツタイプ多目的車(SUV)を生産する。投資額は約十六億ドル(約千八百億円)に上り、約四千人の雇用を計画。今年中にも建設工事に着手し、二〇二一年の稼働を目指す。

 新工場は、トヨタのエンジン工場がある同州ハンツビルに建設される見通し。トヨタ系部品メーカーの集積地に近く、輸送網も整備されている。隣接するミシシッピ州にあるトヨタの車両組立工場では、新工場と同じカローラを生産している。さらに、南部は人手不足が深刻な北部と比べ、工場で働く人材を確保しやすい利点もある。

 また、アラバマ州では昨年十二月の連邦上院補選で共和党の候補者が民主党に敗北。このタイミングでの工場建設は、一部で逆風が吹くトランプ政権に歓迎される可能性も高い。

 一方、米国市場では新車の販売台数が頭打ちで、値引きに相当する販売奨励費の高騰が収益の圧迫要因になっている。両社はこれまで、ノースカロライナやサウスカロライナ、テキサスの各州も候補に挙げ、生産の効率性や税制の優遇措置などの比較を慎重に進めてきた。

 米国での車両工場はトヨタにとっては一一年稼働のミシシッピ工場に続いて五カ所目。マツダにとっては初の拠点となる。

 トランプ氏は就任直前の昨年一月、トヨタのメキシコ工場建設を批判し、米国への工場建設を要求。その後、トヨタとマツダが新工場建設を発表した際、トランプ氏はツイッターで「米国の製造業への素晴らしい投資だ」と称賛していた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索