トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

米軍機部品か、保育園に落下 普天間飛行場近く

緑ケ丘保育園のトタン屋根の上で見つかった米軍機のものとみられる落下物を調べる関係者=7日、沖縄県宜野湾市で(神谷武宏園長提供)

写真
写真

 七日午前十時二十分ごろ、沖縄県宜野湾市野嵩二の「緑ケ丘保育園」の屋根で大きな音がし、円筒状の落下物が見つかった。けが人はなかった。政府関係者や県などによると、同時間帯に米軍のCH53大型輸送ヘリコプターが付近を飛行していた。防衛省や県警は、米海兵隊が落とした可能性が高いとみて調べる。

 現場は米軍普天間飛行場から最短で東約三百メートルの住宅地。落下物はプラスチック製のようなもので、長さ約九・五センチ、直径約七・五センチ、重さ二百十三グラム。ヘリの回転翼に異常がないかを検出する計器のカバーとよく似ているという。表面に英語で「飛行前に取り外す」などと書かれていた。

 普天間飛行場では同日午前十時十五分ごろ、CH53が離陸し、保育園の方角へ飛行。約五分後、保育園で「ドン」と音がしたという。

 米海兵隊は取材に「報告を真剣に受け止め、事案を調査している」とコメントしたが、落下物の詳細を明らかにしなかった。

 沖縄県の翁長雄志知事は「一歩間違えれば重大な人身事故につながりかねない」として、防衛省や米軍に速やかな事実確認を求める考えを示した。

 小野寺五典防衛相は「米側から詳細な情報が得られ次第、沖縄県や地元に説明する」と述べた。

 保育園では当時、屋根の下の部屋に幼児八人と職員二人がいた。園庭で遊んでいた子らも含めると、計約六十人の園児がいた。主任保育士の名護タケさん(78)は「危険を常に感じていた。落下地点が少しずれていたらと思うと、ぞっとする」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索