トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

羽生がNHK杯欠場 右足けが

羽生結弦

写真

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第四戦、NHK杯の開幕前日の練習で右足首などを痛めた羽生結弦(ANA)は大会初日の十日、午前中の公式練習に姿を見せなかった。カナダの拠点クラブから帯同しているブリアンコーチは報道陣の取材に、欠場させる意向を示した。

 男子のショートプログラム(SP)は十日夜に行われる。欠場により四連覇中のGPファイナル(十二月七〜十日、名古屋市)進出の望みは断たれ、平昌五輪に向けた調整への影響も懸念される。ブリアンコーチは「GPファイナルにつながるNHK杯も大事だが、三カ月後の五輪の方が大事だ」と説明した。

 羽生は九日午後の公式練習で、今季から構成に入れている4回転ルッツで転倒。着氷でバランスを崩して右足首や右膝をひねり、練習を早めに切り上げて選手宿舎に引き揚げた。病院には行かずチームドクターの診察を受け、九日夜の日本勢の会見にも出席しなかった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索