トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

米中「北に経済的圧力」 首脳会談、具体策は平行線

9日、北京の人民大会堂で開いた共同記者発表で、硬い表情のまま中国の習近平国家主席(右)と握手するトランプ米大統領=共同

写真
写真

 【北京=安藤淳】トランプ米大統領と中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席は九日、北京の人民大会堂で会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、国連安全保障理事会の制裁決議の完全な履行と、経済的圧力を強化する必要性で一致した。貿易不均衡の是正を巡り、両国で総額二千五百億ドル(約二十八兆円)超の商談が成立した。

 トランプ氏は会談後の共同記者発表で「北朝鮮の脅迫に対して、責任ある国は兵器の供与や金融・貿易関係を断つべきだ」と述べ、北朝鮮問題で一層の対応を求めた。ただ習氏は「制裁とともに、対話による解決が重要」と強調。ティラーソン国務長官も、首脳会談後の記者会見で「圧力をかける戦術やタイミングを巡り、相違点はある」と、具体策では平行線に終わったことを認めた。

 貿易不均衡問題で、トランプ氏は「公平性を回復するため具体的な措置を取る必要がある」と述べ不均衡是正を要求。両国は、米ボーイング社の航空機三百機の購入など、エネルギー、製造業、農業など幅広い分野で貿易契約・投資協定に署名。中国が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」での協力も確認した。

 両国関係について、トランプ氏は「米中関係は私と全ての米国民にとり、非常に重要だ」と強調。習氏は「トランプ氏の歴史的訪問は成功した」と述べるとともに、「太平洋には中国と米国を受け入れる十分な空間がある」として、アジア太平洋地域で主導的役割を果たす意欲を表明した。

 中国外務省によると、トランプ氏は台湾問題について「米国は『一つの中国』政策を堅持する」と述べた。中国の人権問題については「個人の権利と法治主義の改革を提唱しつづける」と述べるにとどまるなど、中国の立場に配慮した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索