トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

対北全て選択肢、武器購入を拡大 日米同盟深化

北朝鮮による拉致被害者家族会のメンバーと面会後、感想を話すトランプ米大統領(中央右)。同左は安倍首相=6日午後、東京・元赤坂の迎賓館で

写真
写真

 安倍晋三首相は六日、トランプ米大統領と東京・迎賓館で会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に関し、軍事行動を含む「すべての選択肢」を用意して対応することで一致した。トランプ氏は会談後の共同記者会見で、米国の雇用を増やすため日本側に米国製武器の購入拡大を要求した。対日貿易赤字の是正も求めた。

 首相は記者会見で「北朝鮮の最新情勢を分析し、今後とるべき方策について、完全に見解が一致した」と説明。「(軍事行動も選択肢の一つとする)トランプ大統領の立場を支持する。圧力を最大限まで高めることで完全に一致した」と語った。

 トランプ氏は「北朝鮮は核実験をし、弾道ミサイルの発射実験を日本の領土の上でやっている。看過できない。(オバマ政権時の)『戦略的忍耐』の時代は終わった」と強調した。

 米国製の武器購入を巡り、トランプ氏は「(安倍)首相は米国からさまざまな防衛装備を購入することになる。そうすれば(北朝鮮の)ミサイルを撃ち落とすことができる。日本は大量に買うべきだ。(日本が買えば)多くの雇用が私たちのために生まれるし、日本がもっと安全になる」と首相に求めた。

 首相は「日本は防衛装備品の多くを米国から購入している。北朝鮮情勢が厳しくなる中、日本の防衛力を質的に、量的に拡充しないといけない」と明言。既に購入予定のステルス戦闘機や弾道ミサイルを迎撃するミサイルに加え、イージス艦も「米国からさらに購入するだろう」と応じた。

 日本政府関係者によると、首相は会談でも米国の武器を購入する意向をトランプ氏に伝えたという。

 貿易問題でトランプ氏は、対日貿易赤字の是正が重要だと主張し、二国間の貿易・投資の拡大を会談で求めた。会見では日本市場の開放を要求した。自由貿易協定(FTA)には言及しなかった。

 また、日本が米国車に対する輸入規制の一部を緩和することで合意した。

 両首脳の会談は、昼食会を含めて約一時間四十分。会談は五回目。トランプ氏は六日夜、日本政府主催の夕食会に出席し、七日午前に韓国へ出発する。

 (大杉はるか)

◆トランプ氏「帰国へ協力」拉致被害者・家族と面会

 トランプ米大統領は6日午後、北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(81)ら家族会メンバーと東京・元赤坂の迎賓館で面会した。安倍晋三首相も同席。トランプ氏は問題解決に向け、日本政府との連携と協力を強調。面会後には「拉致はとても悲しい出来事。安倍首相と一生懸命、力を合わせ(被害者が)母国に戻れるよう尽力したい」と述べた。

 面会は約30分間で被害者家族17人が参加した。それぞれが家族の写真を手に臨み、全員がトランプ氏と握手を交わした。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索