トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

神戸製鋼がアルミ性能偽装 MRJ、新幹線に使用

記者会見でアルミ製品などの検査データ改ざんについて陳謝する神戸製鋼所の梅原尚人副社長(中)=8日、都内のホテルで

写真

 神戸製鋼所は八日、アルミと銅製品の計約二万トンなどについて、強度などの検査証明書のデータを改ざんして出荷していたと発表した。三菱重工業が開発中のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)に使われていたほか、新幹線の部品にも採用。出荷先は自動車メーカーや飲料缶など約二百社に及ぶ。改ざんは組織ぐるみで、一部では十年前から行われていたという。

 神戸製鋼は昨年、グループ会社でばねに使われるステンレス製品のデータ改ざんが発覚したばかり。不正を繰り返す同社の企業体質が問われそうだ。

 改ざんされたデータは強度や耐力、寸法に関するもので、顧客から求められていた品質基準に実際は達していなかった。昨年九月から今年八月末までに出荷されたアルミ製品約一万九千三百トン、銅製品約二千二百トン、アルミ鋳鍛造品約一万九千四百個に上る。アルミ、銅の全製品のうち約4%でデータ改ざんがみられた。

 今年八月末に改ざんを把握していたにもかかわらず、取引先や経済産業省との調整などを優先する中で公表が遅れた。

 三菱重工は「安全性に問題はない」としており、MRJの開発スケジュールに影響はないという。JR東海は問題の製品が東海道新幹線の台車の部品に使われていることを明らかにしたが、安全性に問題はないとしている。対象の車両数など詳細を調査中で、正規品との交換も検討する。

 トヨタ自動車ではボンネットや荷室ドアなどに使われていることを確認しており、対象車種などの調査を進めている。改ざんの程度によっては、他の自動車メーカーも含めてリコール(無料の回収・修理)に発展する恐れもある。

 都内で開かれた記者会見で梅原尚人副社長は「深く反省しおわび申し上げます」と謝罪したが顧客との関係を理由に出荷した社名は明らかにしなかった。すでに出荷先には連絡しており、これまで事故や加工する際の不具合などの報告は入ってきていないという。

 改ざんは真岡製造所(栃木県真岡市)や大安工場(三重県いなべ市)など、子会社を含む国内四工場の全てで行われていたことが確認された。この一年間だけで数十人が関与しているという。改ざんの理由について梅原副社長は「納期や生産目標に対するプレッシャーがあった」と説明した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索