トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

連射可能に銃改造か 米乱射、42丁と爆発物押収

 【ラスベガス=赤川肇】米西部ネバダ州ラスベガスのコンサート会場で一日夜に発生した銃乱射事件で、捜査当局は二日、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)の自宅などから計四十二丁の銃や爆発物を押収したと発表した。周到な準備がうかがえる一方、国際テロ組織との関連や犯歴は確認されず、動機の解明が捜査の焦点。銃乱射による死者は五十九人、負傷者は五百二十七人に上った。

 容疑者は、乱射場所とみられるコンサート会場に近い宿泊先のホテル三十二階の部屋に警察官が突入する前に自殺。部屋から二十三丁の銃などが見つかった。殺傷能力が高い一部のライフルには、連射可能な機関銃に改造しようとした跡があった。

 さらに現場の北東約百三十キロのネバダ州メスキートの容疑者宅から十九丁の銃や複数の爆発物、数千の銃弾が押収された。電子機器も見つかり、当局が機能などを調べている。

 警察は二日夜の会見で、容疑者と交際していた女性が東京に滞在中と述べ、「事情を聴きたい」と説明。日本の捜査関係者は三日、既に日本経由で第三国に向かったとしている。

 過激派組織「イスラム国」(IS)は系列のアマク通信を通じ、パドック容疑者を「ISの兵士」だと主張する声明を発表。これに対し、米連邦捜査局(FBI)幹部は「国際的なテロ組織との接点はない」と否定的な見方を示した。

 ロイター通信などによると、パドック容疑者は二〇一五年、メスキートにある退職後の高齢者が多く居住する地区に自宅を購入し、女性と暮らしていた。米南部フロリダ州オーランドに住む容疑者の親族は米メディアに対し、容疑者はギャンブルが好きで、争いを好まない性格だと指摘。「政治的、宗教的な団体とは無関係だった」と語った。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索