トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

嘉田氏、無所属出馬へ転換 滋賀1区

 衆院選に滋賀1区から立候補する意向を固めている前滋賀県知事の嘉田由紀子氏(67)が、無所属で出馬することが分かった。民進党からの出馬要請を受け、希望の党への公認申請を検討していたが、保守政党を掲げる同党と嘉田氏について「なじまない」とする支援者らの意見があり、方針を転換した。

 関係者によると、脱ダムや「卒原発」など環境政策を重視してきた嘉田氏はリベラルの印象が強く、支援者から「希望は違和感がある」との意見が寄せられているという。希望が民進党の岡田克也氏ら党首経験者を公認しない意向と伝えられており、国政政党「日本未来の党」で代表に就いた経験があることも影響したとみられる。

 滋賀1区には、社民新人の小坂淑子氏(77)が「護憲勢力」の統一候補として立候補する予定だが、嘉田氏側から候補者調整は求めない見通し。同選挙区では自民前職の大岡敏孝氏(45)も立候補を表明している。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索