トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

景況感、10年ぶり高水準 日銀短観

写真

 日銀が二日発表した九月の企業短期経済観測調査(短観)によると、企業が今の景気をどう感じているかを示す業況判断指数(DI)は、代表的指標の「大企業製造業」が前回の六月調査から五ポイント改善のプラス二二となり四・四半期連続で改善した。リーマン・ショック前の二〇〇七年九月調査以来、十年ぶりの高水準で、電子部品や自動車関連などが好調だった。

 DIは、景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を差し引いた値。三カ月後の景気をどうみているかを示す「先行きDI」は大企業製造業で三ポイントの悪化だった。

 大企業製造業の現状判断のDIを業種別にみると「業務用機械」が一五ポイント、「生産用機械」が一三ポイントそれぞれ改善。海外経済の回復を受け、輸出が好調だったことが影響した。設備投資の好調さも寄与した。

 一方、大企業非製造業の現状判断DIは前回と同じプラス二三。業種別では長雨など天候不順の影響を受けた「宿泊・飲食サービス」が七ポイント悪化したのが目立った。大企業非製造業の先行きDIは四ポイントの悪化。

 中小企業の現状判断DIは全産業でプラス九となり二ポイント改善した。改善は五・四半期連続で一九九一年の十一月調査以来、約二十六年ぶりの高水準。製造業は三ポイント改善のプラス一〇で、〇六年十二月以来の高水準となり、非製造業は一ポイント改善のプラス八だった。ただ中小企業全産業の先行きDIは三ポイントの悪化を見込んだ。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索