トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

希望の選別方針に連合が反対表明

 連合の神津里季生会長は三十日、前原誠司民進党代表と党本部で会談し、希望の党代表の小池百合子東京都知事による民進党出身者の選別方針に反対する考えを伝えた。会談後、記者団に「おかしい。できるだけみんなが行くことが一番望ましい」と述べた。希望の若狭勝前衆院議員は民放番組で、民進党との合流について選挙資金目当てだとの見方を否定した。過半数(二百三十三議席)の候補者擁立にこだわらない考えも示した。来週半ばにも二次公認を発表する予定だ。

 二次公認には民進党出身者が入る可能性がある。希望が基本政策の一致を求めて候補者の絞り込みを図るのに対し、民進党は全員参加を求めており、候補者や政策の協議が早期に決着できるか見通せない。連合は民進党の最大の支持組織。

 番組で若狭氏は民進党との合流が選挙資金目当てという見方があることに関し「民進党の政党交付金を譲り受けることは絶対にない。お金欲しさ(の合流)という思いは全くない」と反論。立候補時に支払う供託金は「候補者の個人負担だ」とした。

 候補者調整を巡っては「来週の少なくとも中盤くらいには二次公認を出したい。現時点で人数は言えない」と述べた。民進党前議員の公認申請を全て認めるわけではないと説明し「烏合(うごう)の衆ではいけない」と強調した。来週初めの一次公認には民進党前議員は入らないとの認識を示している。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索