トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

小池氏、自ら公認判断 民進合流、政策不一致は「排除」

 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は二十九日の記者会見で、衆院選を巡り、合流する民進党出身者からの公認申請に関して小池氏自身が選別し、候補者を最終決定する意向を表明した。「安全保障や憲法観といった根幹部分で一致するのが必要最低限だ」と指摘し、政策や考え方が合わなければ「排除する」と強調した。安倍晋三首相は街頭演説で政権継続の意義を訴え、短期決戦は早くも熱を帯びている。

 関係者によると、小池氏は一次公認を三十日にも発表する考え。規模は不明だが、当初メンバーが中心とみられる。

 会見に先立ち、小池氏は民進党の前原誠司代表と都内のホテルで会談し、政権交代の実現のために連携すべきだとの認識で一致した。希望の若狭勝前衆院議員と民進党の玄葉光一郎総合選挙対策本部長代行の間で、候補者調整を加速させると申し合わせた。

 その後、若狭、玄葉両氏は都内のホテルで協議した。三十日も引き続き話し合う。若狭氏と階猛民進党政調会長の間で、公約策定へ向けた政策面の協議も進めていく。

 小池氏は会談後、仲間として選挙が戦えるかどうかが重要だと指摘。民進党出身者の公認に関し「『全員を受け入れる』ということはさらさらない」と記者団に述べた。希望の細野豪志元環境相が「三権の長を経験した方々は(合流に)ご遠慮いただく」と発言したことを巡って「一つの考え方だと思うが、総合的に進めたい」と述べるにとどめた。自身の衆院選への立候補については改めて否定した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索