トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

日本女子初V、たたえる スピードスケート・小平選手に中日体育賞 

中日体育賞を受賞しトロフィーを手に笑顔を見せる小平奈緒選手=29日、長野市のホテルメトロポリタン長野で(小嶋明彦撮影)

写真

 第三十二回中日体育賞の贈呈式が二十九日、長野市のホテルメトロポリタン長野で行われ、スピードスケート女子の小平奈緒選手(31)=相沢病院、長野県茅野市出身=に賞状とトロフィーなどが贈られた。

 小平選手は、二月の世界距離別選手権(江陵=韓国)女子500メートルで自身が持つ日本記録を0秒16塗り替える37秒13をマークし、日本女子として初めて個人種目で優勝。同月の世界スプリント選手権(カルガリー=カナダ)では、500メートルでさらに記録を更新する36秒75を出すなど活躍し、日本女子初となる総合優勝を成し遂げた。

 スピードスケートでは一九九八年長野五輪男子500メートルで金メダルを獲得した清水宏保さん以来二人目の受賞。小平選手は贈呈式で「名誉ある賞をいただきありがとうございます」と喜びを語った。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索