トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

日産、6万台販売停止 6工場、検査工程に無資格者

 日産自動車は二十九日、新車を出荷する際の完成車検査で不備があったと発表した。法律では自社認定の検査員が検査を実施しなければならないが、資格のない従業員が行っていた。対象は軽自動車を除く二十一車種に上り、日産は新車在庫約六万台の販売を停止。今後、再検査をする。

 六万台以外にも、すでに販売された車があるため、検査に不備のあった車はさらに増えるとみられる。日産はこれらの車について、リコール(無料の回収・修理)するとともに、第三者チームで原因を調べる。

 検査に不備があったのは追浜(神奈川県横須賀市)や栃木(栃木県上三川町)など六工場での完成検査の工程。必要な検査は実施したが、一部の項目で認定を受けた検査員が行っていなかった。不備の検査で出荷された車種はノートやキューブ、スカイラインの他、十月に発売を控えた新型リーフなど。

 完成検査は型式指定を受けて製造された車を出荷する際に行う。日産では認定された検査員三百五人と、資格のない「補助員」十九人が四〜五人一組で作業する。補助員が本来は担当できない検査にまで携わったとみられるが、何人の補助員が関わったかや原因は調査中という。会見した同社企画・監理部の杠(ゆずりは)直樹エキスパートリーダーは「すでに販売された車も検査自体は行われている。安全性に問題はないと思っているが再検査する」としている。

◆国交省が改善指示

 国土交通省は二十九日、日産自動車の検査に不備があったことを受けて、同社に業務体制の改善などを指示した。他の自動車メーカーにも不備がないかの確認を求めている。

◆無資格検査の該当車種

 シルフィ、ノート、ジューク、キューブ、リーフ、シーマ、マーチ、GT−R、フーガ、フェアレディZ、スカイライン、セレナ、ティアナ、エクストレイル、NV200バネット、ウイングロード、エルグランド、キャラバン、シビリアン、アトラス、パラメディック(救急車)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索