トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

河村氏、出馬断念へ

河村たかし氏

写真

 十月十日公示の次期衆院選に立候補の意欲を示していた名古屋市の河村たかし市長(68)が、出馬しない方向で検討していることが分かった。

 これまで市長は「名古屋のいい政治を日本中に広めんといかん」と出馬に意欲を示していた。ただ、自らの後継者探しが難航している上、自らが出馬した場合、東京都の小池百合子知事が代表に就いた新党「希望の党」から支援を受けるめどが立っていなかった。

 一方、市長は「減税の火を絶やしてはいけない」と強調し、代表を務める「減税日本」から地盤の愛知1区に候補者を擁立し、自ら出馬しなくても別の候補者を擁立したい考えを示している。希望の党の公認や推薦が得られるかも模索する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索