トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

連合愛知会長に佐々木氏 前・全ト労連会長

佐々木龍也氏

写真

 民進党の支持母体である連合愛知は二十六日、土肥和則会長(60)が十月末で退任し、後任に前・全トヨタ労働組合連合会長の佐々木龍也副会長(56)が昇格する人事を内定した。十月二十二日に投開票される総選挙は、共産党との共闘に否定的な土肥会長が引き続き指揮を執る。

 十月三十日の定期大会で正式に決定する。会長の任期は二年。

 佐々木氏はトヨタ自動車出身。トヨタ労組副執行委員長を経て二〇一四年九月から今月十六日まで、全ト労連会長。共産党に対する政治姿勢などは土肥路線を引き継ぐとみられる。

 土肥氏は中部電力労組委員長、連合愛知事務局長を経て一二年十月から現職。「目指すべき国家像や政策が一致しない」として、共産党との連携に一貫して反対してきた。

 連合愛知の加盟組合員は全国でも屈指の五十四万人に上り、民進県連に所属する国会議員十五人は、党国会議員の一割を占める。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索