トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

正恩氏「米に超強硬措置」 北外相「太平洋で水爆実験」

 【北京=城内康伸、ソウル=境田未緒】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は二十一日、「北朝鮮を完全に破壊するしかなくなる」としたトランプ米大統領の国連演説に反発する声明を発表した。「史上最高の超強硬措置の断行を慎重に考慮する」と警告した。朝鮮中央通信が二十二日伝えた。

 北朝鮮の最高指導者である正恩氏が自ら声明を発表したのは初めて。朝鮮労働党機関紙・労働新聞は二十二日、声明内容とこれを読み上げる正恩氏の写真を一面トップで掲載、トランプ氏の演説に激しく反発していることが分かる。大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験や米領グアム周辺への中距離弾道ミサイルの発射、追加の核実験など、これまでよりさらに強硬な軍事挑発を念頭に置いた発言とみられる。

 韓国の聯合ニュースによると、北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相は二十一日、訪問先の米ニューヨークでこの声明に対する考えを記者団に聞かれ、「たぶん、過去最大級の水爆実験を太平洋上で行うことになるのではないか」と述べ、水爆実験をする可能性に言及した。

 声明で正恩氏はトランプ氏の演説について「歴代のいずれの米国大統領からも聞いたことがなかった前代未聞の無知で狂った妄言」などとののしった。その上で「老いぼれには行動で示してやるのが最善だ。共和国(北朝鮮)の絶滅を叫んだ米国の統帥権者は、妄言に対する代価を必ず受け取る。トランプが考える以上の結果を目の当たりにすることになる」と述べ、過激な対抗措置を取ることを示唆。「必ず火で罰する」とも付け加えた。

 また「米国執権者の発言は、私を立ち止まらせたのではなく、私が選択した道が正しく、最後まで進むべき道だということを証明した」と強調。核とミサイルの開発を加速させる考えをあらためて表明した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索