トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

年金598億円支給漏れ 振替加算、公務員妻ら10万人

 厚生労働省は十三日、情報システムの不備や事務処理ミスで、一九九一年以降、公務員の妻ら約十万六千人に総額約五百九十八億円の年金の支給漏れがあったと公表した。夫婦の間で年金の上乗せ部分を付け替える「振替加算」という制度で発生。同一の仕組みを巡って起きた年金未払いとしては、過去最大規模という。

 対象者の96%は夫婦どちらか一方が、主に公務員が入る共済年金加入のケース。国家公務員と地方公務員が五割弱ずつ、残りが私学共済の加入者。二〇一五年十月に共済年金と会社員向けの厚生年金を一元化したことを機に表面化した。

 一人当たりの未払い額は最高で約五百九十万円、平均約五十六万円。対象者に通知を送り、十一月十五日に支給する。時効は適用せず未払い分全額を支払う。

 約四千人は既に亡くなっているため、未支給の年金を受け取る権利のある「生計が一緒だった三親等以内の親族」に知らせる。該当者がいない場合、相続はされず不支給のままとなる。

 公的年金では、妻(または夫)が六十五歳未満の場合に、条件を満たせば扶養する夫(または妻)の厚生年金・共済年金に一定額を上乗せする「加給年金」という仕組みがある。妻が六十五歳に達して基礎年金を受け取るようになると、加給年金は妻への「振替加算」に切り替わり、年齢に応じて月約六千〜一万九千円支給されている。

 しかし、支給実務を担う日本年金機構と公務員らの共済組合のシステム間で、夫婦の年金記録が情報共有されなかったり事務処理を誤ったりして、十万五千九百六十三人に計約五百九十八億円の振替加算分が支払われていなかった。未払いは振替加算の仕組みができた九一年から起きていた。

    ◇

 日本年金機構は十四日から、専用ダイヤルを開設し、問い合わせに応じる。年金証書などで自分の基礎年金番号を確認の上、(0570)030261まで。平日午前八時半から午後五時十五分まで受け付ける。各地の年金事務所でも問い合わせを受ける。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索